ブログは、大好きなものを分類してわかりやすく展示すること

大人の私が、何度も読む絵本があります。「キュッパのはくぶつかん」という子供の絵本です。

著者オーシル・カンスタ・ヨンセンのこの絵本は、大人が読んでも、ハッとさせられる内容です。子供の時に読んでみたかったです。

キュッパのはくぶつかん

夢中になることの大切さ、そして、それを分類して、わかりやすく整理することが、人に喜んでもらえることにつながることを、キャラクターがかわいく教えてくれます。

絵本ですが、大人が読むべき絵本です。

スポンサードリンク

あらすじ

キュッパは、丸太の男の子です。
森に、落ちているいろんなものを集めてくるのが、大好きです。
たくさん集まってくるので、部屋がいっぱいになります。

集めたものを分類して、それぞれにラベルを張り、箱に整理します。
それでも部屋が一杯になったので、いろんな人に見てもらうために、わかりやすく展示して、博物館を作ります。
みんなに知らせるために、ポスターと看板も作ります。

すると、それを見るために、たくさんの人が博物館に来てくれます。
でもあまりに人が来て忙しくなったので、大好きな森で、ものを集めることができなくなります。
キュッパは、博物館を閉めることにします。

展示していたものは、記録にとり、写真を撮って図録を作ります。
図録にすることで、もっとたくさんの人に見てもらうことができます。
集めたものは、森に返したり、リサイクルしたりします。

まとめるとこういうことです。

①大好きなものを集める

②整理して分類する。

③人にわかりやすく展示する。

④人が喜ぶ。

ブログと同じです。

①大好きなもの、こだわりのあるもの、情熱を注いでいるものを集める。

②それを整理して分類する。

③人にわかりやすい文章で伝える。

④もしかしたら、誰かの役に立って、見に来てくれて、喜んでくれるかもしれない。

ブログを人が読んで、喜んでくれるには、キュッパのように、好きなこと、情熱があるものを、集めて来なけらばなりません。
そして、それを分類し、わかりやすく読者に伝える必要があります。
キュッパに教えられます。

まとめ

子供の絵本にも時々、大人がドキッとさせられるものがあります。

ただ、そういう本に限って、大人はドキッとしますが、子供は興味がありません。

難しいです。

キュッパのはくぶつかん (福音館の単行本)
オーシル・カンスタ・ヨンセン
福音館書店
売り上げランキング: 207,836
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です