Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
ランドセル選びで父親が押さえるべき5つのポイント
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

ランドセル選びで父親が押さえるべき5つのポイント

上の子供が今年から小学校です。

世間一般では、ランドセルは子供と母親が選ぶようです。

でも、せっかくなので父親も参加しましょう。

父親の子供の教育参加の第一歩です。

これからランドセルの購入を考えているお父さんに押さえるべき5つのポイントをまとめました。

スポンサードリンク

①購入時期は早くなっている。

まったく知りませんでしたが、今のランドセル商戦は8月~9月だそうです。

数年前までは、売れるピークは小学校入学前の年末年始だったようですが、今では、なんとお盆がある時期に前倒しです。

我家は、完全に乗り遅れています。

これは、少子高齢化の影響で、ランドセルは祖父母が買うという習慣が一般的になってきたことが理由のようです。

お盆に帰省したときに、孫の入学祝いの話の流れで購入に至るのでしょう。

また、購入先として、専門工房で職人さんが手作りしたランドセルが見直され、このランドセルがその時期に売り切れてしまうことも購入時期が早めになっている理由のようです。

こういった売り切れてしまう可能性のあるものは、6月前後にカタログを取り寄せて早めに購入しましょう。

②どこで購入するかを決めましょう。

商品を先に考えると悩みます。

いろんな種類があるからです。調べ始めるときりがありません。

どこから購入するかを決めましょう。

主な購入先は、次の通りです。
・百貨店、スーパー、かばん専門店、専門工房、ネットショップ

それぞれに特徴があります。

祖父母が買ってくれるというなら百貨店か専門工房でいいものを購入してもいいかもしれませし、一緒に行けば親も喜びます。

またスーパーが気軽に試せて子供に選ばせやすいかもしれませんし、ネットショップでリサーチして探すのももちろんいいでしょう。

しかし、男が選ぶならやはり専門工房の職人のランドセルがおすすめです。

鞄工房山本、土屋鞄などが有名です。

③最終的には子供に選ばせましょう。

祖父母に任せたりするとすべてを子供にゆだねます。

子供にゆだねるのは悪くありませんが、すべて任せる必要もありません。

価格や親の考えもあります。

しかし、最終的には子供に決めさせましょう。

6年間も一緒に過ごすものです。

ものを大事に使うことを教えることにもなりますし、小さいころから自分で決める習慣を身につけさせましょう。

④A4クリアファイルかA4フラットファイルか。

ランドセルえお選ぶときの基準がいろいろあると思います。

軽さ、素材、色、耐久性など。

しかし、今の時代安すぎるものを買わない限り失敗はないと思います。

信頼できる店で買えばいいと思います。

ただ、A4クリアファイルかA4フラットファイルがまっすぐ入るかどうかは、悩みどころです。

今は、A4クリアファイルが入るサイズのものが主流のようですが、A4フラットファイルも今後使うことが多い場合は、そのサイズのものがいいかもしれません。

ここはよく検討しましょう。

⑤忘れずに保証と修理の場合のことを確認しておきましょう。

信頼している店で購入すれば、そんなに心配する必要はないかもしれませんが、ネットショップなどでの購入の場合などは、よく確認しておくべきです。

今は6年保証が主流のようです。

修理についても壊れることは十分考えられるので、修理に出しやすい店で買うのが結局一番いいのかもしれません。

 以上、父親がランドセルを選ぶ場合のポイントでした。

我家は、小さい専門工房がたまたま近くにあったのでそこで買おうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です