子供服は買わない。服を買わないで子供をおしゃれに見せる方法

 5歳の子供が通う公立幼稚園でバザーがあり、嫁さんが子供の服を買ってきました。

計6点で270円でした。店で新しいものを買えば1万円はするはずです。

子供も喜んでいました。イベントに関わるすべての人に感謝です。

スポンサードリンク

帽子二つで20円

帽子

ブランドのパーカー100円

パーカー

ジーンズ50円

ジーンズ

Tシャツ2枚100円

Tシャツ

子供の服は買わなくていい。

実際は、今回のイベントでも270円で買っているわけですから、買わなくていいというわけではないのですが、店に行って新しいものを買う必要はないように思います。

単に安いからだけではありません。

子供は社会全体で育てるもの

子供というのは、社会の中でとても大切な存在です。

子供がいなければ、人類は滅亡します。

そうした大切なものは、社会全体で育てていくものです。

自分の子供がかわいいのは当然ですが、他の子供も同じく大切です。

子供には、現実的にいろんなことにお金がかかってきます。

すぐ大きくなるので、服もすぐ入らなくなります。

子供の服代もばかにならないということも当然あります。

節約していかないと子育て世代は大変です。

でもそれ以上に、店で新しいものを買うよりも、大事な子供に着せていた服を、もう着なくなったからということで頂いたり、今回のように安く提供してもらったりすることの方がうれしいです。

何か社会全体で、一緒に同じ子供という存在を育てている感じがします。

親ですから子供にもダサいかっこはさせたくありません。

でも、今の我々であれば、十分新商品やブランドの服でなくてもおしゃれにしてあげる技術を持っています。

これまで自分のために使ってきたセンスを子供に活用しましょう。

一つのブランドで固めたファッションより、いろいろ工夫したファッションの方が人と違ったおしゃれになってかっこいいです。

まとめ

それにしても良い買い物でした。

あらためて感謝です。

もちろん我家でも、たまには店で新しい服も買いますが、今のところほとんど頂いたものや、誰かが着ていたものを買うことが多いです。

その方が子供の教育にも良いように思います。

ものを大事にすることの大切さも将来気づいてくれるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です