Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
無印良品のユニットシェルフは、日本の収納で一番使い勝手がいい。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

無印良品のユニットシェルフは、日本の収納で一番使い勝手がいい。

収納

無印良品のユニットシェルはものすごく使い勝手がいいです。

もう15年は使っています。大小合わせて、8セットあります。

これを使いだしてから、整理整頓のストレスがなくなりました。

そればかりか、いかに人の導線を考えて無駄なく、美しく収納できるかということを考えることが楽しくなってきました。

家の中がきちんと整理されていると心も頭もスッキリします。

それは無印のユニットシェルフを使っているおかげです。

スポンサードリンク

ユニットシェルは、棚板がに取り外しできるので、収納するものに合わせて、高さ調節が簡単にできます。

構造がシンプルで丈夫なので、組み立てや高さ調整が超簡単です。

ユニットシェルフ

出典:無印良品ネットストア

ユニットシェルのメリット

・どんな間取りでも対応できる。

人生において引越しを経験しない人は少ないと思います。

私も一人暮らしから始まり、結婚、そして一人目の子供、二人目の子供とそのたびに引越しをしてきました。

引越すたびに当然部屋のレイアウトが変わります。

家賃との兼ね合いもあるので、いつもこちらの思うような間取りに住めるわけではありません。

しかし、これがあるおかげで、どんな間取りでも、柔軟に収納を作れます。

それも機能的にかっこよく収納をつくれます。

・家族の成長に合わせて変更できる。

引越して、その部屋にあった収納家具を買ってしまうとあとで後悔します。

部屋のレイアウトを変更しても、家具のサイズは変えられないからです。

家族の成長に合わせて、求める部屋のレイアウトも変わってきます。

ユニットシェルであれば、その都度、組見直すことで、満足のいく収納が作れます。

・収納のストレスから解放される。

ユニットシェルフは、配置を変えたり、高さを調整できたりとかなり自由度が高いです。

掛ける事もできますし、付属パーツもそろっています。

美しくすることも、機能的にすることもその人の裁量で変わってきます。

工夫するとどんどん使いやすく、かっこよくできるので、部屋の収納レベルがあがります。

そうした整理された部屋の状態を保つことで頭もスッキリし、片づけるストレスもなくなります。

ユニットシェルフのデメリット

良いことばかりのユニットシェルフですが、一つデメリットがあります。

広い部屋で、収納スペースがたくさんある部屋では活躍できません。

収納スペースが十分ある部屋では、必然的に、そこを使用することになるからです。

まとめ

都会で、自分の思うような間取りの部屋に住むのは簡単ではありません。

これを使うのに向いているのは、私のように都会で住むことを前提にしているけれど、家賃が高いので、なかなか思うような間取りには住めないけれど、自分でいろいろ工夫して、かっこいい部屋にしたいと思っている人です。

レベルが上がってくると既存の収納スペースがついてる部屋では物足りなくなってきます。ぜひお試しください。

以上、無印良品のユニットシェルフは、日本の収納で一番使い勝手がいい。でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です