Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
狭い部屋で使う電気ストーブの簡単な選び方
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

狭い部屋で使う電気ストーブの簡単な選び方

ずいぶん前に買った電気ストーブが古くなったので、新しく電気ストーブを購入しました。

どれがいいのか調べていると、今は電気ストーブもいろんな呼び名があり、どれがいいのかよくわかりません。

狭い部屋で使って、すぐ暖まり、ランニングコストが安い電気ストーブの簡単な選び方をまとめてみました。

スポンサードリンク

電気ストーブの種類3つ

①赤外線を放射させる幅射式 

②温風を吹きだす温風式

③電気を温めて対流を起こさせる対流式 

電気ストーブの呼び方

幅射式には、ハロゲンヒーター、カーボンヒーター、グラファイトヒーターなどがあります。

温風式は、温風ストーブと呼ばれます。

対流式は、デロンギに代表されるオイルヒーターです。

ランニングコストが高いもの

オイルヒーターは、熱源が露出してないので安全性は高いですが、電気代が高くつくので却下します。

子供がいる家庭で、安全性重視ならいいと思います。

すぐ暖まらないもの

温風ストーブは、ドライヤーのように温風を出して、まず空気を温めるので、暖まるのが遅いので却下します。

トイレのなかのようにより狭い部屋に適しています。

結局どれがいいのか。

結論は、このカーボンヒーターにしました。値段も手頃です。

ハロゲンヒーター、カーボンヒーター、グラファイトヒーターのうち、電気代から言うと、カーボンヒーターは、ハロゲンヒーターに比べ、消費電力半分が少なくて済むので、電気代を低く抑えることが出来るようです。

グラファイトヒーターは、カーボンヒーターより性能は良いようですが、カーボンヒーターのなかでは価格が高く、上位機種として販売されています。

安くて良いのでこれも却下しました。

電気ストーブは、いろんな種類があり、選択肢があって良いのですが、呼び名がいろいろで悩みました。

収納にスペースが取られるものは、買うのに慎重になります。

以上、狭い部屋で使って、すぐ暖まり、ランニングコストが安い電気ストーブの簡単な選び方でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です