通天閣の周りは、屋外広告のおもしろテーマパークになってました。

ひさびさに家族で通天閣に行って来ました。通天閣は、今や大阪でも有数の観光地になっています。通天閣にのぼり、串カツを食べるのが、定番の観光コースです。

昔と比べると街が激変しました。大阪に住んでいても、しょっちゅういくような場所ではありませんでした。それがいまや全国から観光客がやって来ます。びっくりします。

大阪に長く住んでいるのに、私も通天閣にのぼったことがありません。今回はのぼるつもりで行きました。

スポンサードリンク

上がるのに40分待ち?

うそでしょ。今は、こんなことになっているんですね。週末に行く人は、並ぶのを覚悟していきましょう。私たち家族は諦めました。またの機会にします。

子供を連れていても有名串カツ屋に入れますよ。

予定を変更し、通天閣の真下にある有名な「串カツ だるま」に行きました。しかしここでも行列が出来ていましたが、何とか我慢して待ちました。結局40分待ちです。

串カツ だるま

串カツ

この店は、いつ行っても長い列が出来る人気店です。外から見るとカウンターしか見えないので、小さい子供がいる人は無理だと諦めそうですが、大丈夫です。中にテーブルがあります。

お店の人もやさしいので安心です。ただ行く時間を失敗すると1時間ならんでもおかしくないので、子供を連れて行くときは、11時開店の30分前には行って並んでおいてください。そうすれば開店と同時にだいたい入れます。

子供がいても、おいしい店で食べたいです。

屋外広告がとんでもないことになっている。

昔からもありましたが、通天閣の周辺は、今やテーマパーク化しています。とにかく屋外広告がすごいです。言葉でうまく説明できません。

づぼらや

 これは有名な「ずぼらや」という昔から大阪で有名な店です。巨大ふぐが浮かんでいます。

串カツ屋

何でしょう。ビリケンというキャラクターがなぜか相撲をしています。 

串カツ屋

 大黒様が打ち出の小づちではなく、串カツを持っています。

串カツ屋

 どてやきの店の壁に巨大なかめが、張り付いています。

餃子の王将

 餃子の王将も負けずにこんな感じです。

通天閣

 もうとにかく屋外広告が、店舗上で大渋滞しています。

 ビリケン

 道路にも濃いキャラがあふれています。金のビリケンさんです。

ビリケン

 眼鏡をしたビリケンさんです。

ビリケン 

 このビリケンは、キッズスペースがある串カツやの宣伝をしています。キッズスペース完備の串カツ屋なんて聞いたことがありません。

看板

 こんな看板も発見しました。自由な街です。

まとめ

通天閣周辺の雰囲気は、外から来た人は圧倒されるかもしれません。でもこれが大阪のすべてじゃないですよ。あくまで一部です。一度子供を連れて行ってみてください。 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です