Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
2016年度のランドセル選びに乗り遅れるな!職人手作りのおすすめランドセル5つ。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

2016年度のランドセル選びに乗り遅れるな!職人手作りのおすすめランドセル5つ。

ランドセル

上の子は今年から小学生です。

背中に大きなランドセルを背負って毎日登校しています。

ランドセルの購入は、年々早くなっているようです。

少子化の影響で、祖父母が購入するケースが増え、家族が集まるお盆の時期に購入する方が多いのだそうです。

4月は始まったばかりですが、2016年度のランドセルのカタログ取り寄せも、もう始まっています。

特に、最近は職人さんが作るこだわりのランドセルが人気で、作る数も多くないので、発売してすぐに完売する商品もあるようです。

我家は完全に乗り遅れました。

そんなに早く買うものだと知りませんでした。

当然ほしい商品の品切れも多くなります。

2016年度のランドセル商戦は、すでに始まっています。

来年入学予定の方に、特に職人さんが作るおすすめのランドセルをまとめました。

スポンサードリンク

 職人さんが作るおススメのこだわりランドセル5つ

日本のランドセルには、日本の職人技が詰まっています。

一時は、安い大量生産のランドセルの影響で苦しい時代もあったようですが、この少子化の影響で、子供に使うお金が増え、職人さんが作るこだわったランドセルが見直されています。

こうしたランドセルは、作れる数に限りがあり、人気商品は早くなくなるようです。

早めの対策が必要です。

土屋鞄

土屋鞄
出典: http://www.tsuchiya-randoseru.jp/

創業50 年で職人の丁寧な手仕事でランドセルを製造している株式会社土屋鞄製造所です。

土屋鞄のランドセルは、オンラインショップから買えますが、ランドセルと子ども用品専門店「童具店」が全国に9店舗あります。

2015年6月には、大阪駅近くに「童具店・大阪」がオープンする予定です。

[ 童具店・大阪]
住所:〒531-0075 大阪府大阪市北区大淀南1-3-11 1F

2016年度のランドセルカタログの受付が始まっています。

注文受付の開始は、6月26日(金)からです。


土屋鞄のランドセル 公式サイト http://www.tsuchiya-randoseru.jp/

鞄工房山本

鞄工房 山本
出典:http://www.kabankobo.com/index.html 

奈良の工房で作られています。

1967年(昭和42年)にランドセル専業としてスタートし、約半世紀にわたってランドセル一筋に取り組んでおられます。 

ネットや電話での注文の他、店舗があり、奈良工房店、東京銀座店、東京表参道店では、実際にふれてみて確認出来ます。

2016年度入学用ランドセルカタログ・革サンプルの請求受付が始まっています。

鞄工房山本のランドセル公式サイトhttp://www.kabankobo.com/index.html 

黒川鞄

 黒川鞄
 出典:http://www.kurokawa-kaban.com/randoseru/

黒川鞄は、明治時代に創業され、百余年の歴史があります。

厳選された「天然素材」を、日本の伝統工芸のひとつである「手縫い」「手づくり」を駆使して140もの工程を経て仕上げられているのだそうです。

歴史とこだわりを感じます。

2016年度版のカタログ請求が始まっています。

 黒川鞄のランドセル公式サイト http://www.kurokawa-kaban.com/randoseru/

中村鞄製作所

 中村鞄
出典:http://www.nakamura-kaban.net/

創業1960年の中村鞄製作所は、熟練職人による手作りランドセル工房です。

東京足立区にある本社店舗・工房では、背負い心地、軽さ、質の良さをご体験でき、2階の工房では、職人の手作業で生み出されるランドセル作りを間近で見ることが出来ます。

2016年ランドセルカタログと革見本帳の受付が始まっています。

中村鞄製作所のランドセル公式サイト http://www.nakamura-kaban.net/

mogi

 mogi
出典:http://www.mogi.me/

 1929年創業以来、「伝統」と「先進性」の融合を追求したのがモギオリジナルランドセルです。

 できるだけ「手縫い」にこだわっているのが特徴です。

手縫いで作ると実際に糸の締まり具合が違うのだそうです。

6年間持つに十分すぎるランドセルです。

 2016年MOGIオリジナルランドセルのカタログ請求を受け付けています。

MOGIのランドセル公式サイト http://www.mogi.me/

まとめ

自分たちで選ぶと子供のものと言っても価格にはシビアになります。

でも最近は少子化で、おじいちゃん、おばあちゃんが孫のために買ってくれる場合が多いようです。

我家は、買う準備が遅すぎました。

せっかく買ってあげるなら早めに準備するべきでした。

紹介したランドセルは、調べた時にはすでに完売でした。

来年入学予定なら今からが本番です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です