Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
「あいうえお」の気持ちで子供を朝送り出す。子供が小学校に入学したら気を付けること。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

「あいうえお」の気持ちで子供を朝送り出す。子供が小学校に入学したら気を付けること。

小学校

3歳の女の子が一緒に寝てくれない鯛次郎です。

朝になると嫁さんと小学校1年の子供のバトルが始まります。
小学校に入学した息子は、ありがたいことに、学校は楽しいようです。
良く立たされるようですけど・・。

幼稚園のように、ゆるい感じではないので、初めは戸惑っていたようですけど、やっとそれも慣れてきました。
ただ、問題は、朝学校に行くまでの時間です。

朝の忙しい時に、子供が親の言った通りさっさと動かないので、嫁さんがイライラして怒ります。
怒る方も自己嫌悪になるし、怒られた子供も、朝から機嫌よく家を出れません。
機嫌よく家を出ることこそ、子供のパフォーマンス向上に、ものすごく大事な気がするのです。

どうにかならないかなあ思っていたところに、1枚の紙を見つけてズキンときました。
まさにその解決法が書いてありますやん。

それは、入学式の時に、警察の交通課からもらっていたプリントでした。

スポンサードリンク

「あいうえお」の気持ちを忘れずに!

 

保護者の方へ・・。

なるほどー。

「あいうえお」です。 

これをもらった時、まったくピンときませんでした。
交通安全の話だと勝手に理解していたからです。

でも違いましたねー。

「あいうえお」の気持ちを忘れずに!

・子供を

わてさせない。

・保護者は

らいらしない。

るさくいわない。

がおで、

くりだしましょう。

全部我家のことですやん!これ・・。

見られていたかのようです。

みなさんも思い当たりませんか。 

子供は、慌てさせると、落ち着かなくなって思うように動けませんよね。
そもそも小学校1年で、大人と同じように動けというのが無理な話です。

それなのに、大人は自分と同じような動きを求めてしまいます。
でも、出来ないので、親がイライラすると、子供はパニックになって、動作がストップします。
それを親がまた怒ります。
悪循環の繰り返しです。

子供を機嫌よくさせれば、子供も気持ちよく動くはずなんです。たぶん・・。
そのためには、うるさく言わないで、朝忙しい時こそ、「あいうえお」の気持ちを思い出して、笑顔で送り出しましょう。

これを見て警察を見直しました。
この紙は、壁に貼りましたよ。

忘れないように。

 以上、子供が小学校に入学したら親が気をつける5つのこと。「あいうえお」の気持ちを忘れない!でした

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です