Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
先の見えない時代に親が子供に身に付けさせたいと思う3つのこと。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

先の見えない時代に親が子供に身に付けさせたいと思う3つのこと。

89c9b7414c73af82140a9f7ca3884642_m

子供がよく立たされてるらしい鯛次郎(@tai_jirou)です。

最近になってようやく気がつきましたが、今の子供は、習い事でかなり忙しいようです。

我家のように、どこにも通わせてないのは、今や少数派で、毎日日替わりで習い事に行く強者もいます。

今のように、正社員になることさえ難しい時代に、親は子供に何を教えたら良いんでしょうね。

成功モデルらしきものもなくなって困ってしまいます。

親は、稼ぐ力を身に付けさせたいと思いながら、その方法が分からないので、これまで以上に習い事熱に拍車がかかります。

最近は、英語やサッカーが人気みたいですけど、そろばん、ピアノ、空手、習字、水泳、学習塾、くもんなどは、自分の子供時代のそれと変わりません。

時代は激変しているのに、どうも違和感を感じます。

私が考えるこれからの時代に子供が身につけてほしい3つのことです。

①自分の好きなことが自分でわかる感性

子供にたくさん習い事をさせていると、身に付くことも多いかもしれませんが、それが親から与えられたことばかりだと、子供は、自分は何が好きなのか分からなくなります。

それが、親から言われるから好きなのか、みんなが良いというから好きなのか・・。

本当に自分が好きなことが自分でわかること。これがたくさんあれば大きくなったとき、それが自分の強みにかわります。

好きより強いものはないからです。

②自分の得意なことを客観視できる感覚

人は誰でも何か得意なものがあります。

たとえそれが地味に絵を描くことであってもいいです。

それを磨き続けることで、人よりうまく出来ることが分かれば自信に繋がります。

自分は人と比べて何が得意かわかる感覚を身につけてほしいです。

みんながやってるから、親がやれと言うからなどという理由で得意でもないサッカーをやる必要などないです。

③外国の人とコミュニケーションしたいと思う好奇心

小さい頃から英会話の教材を買い込み、英会話教室に通わせる人がいます。

させるなら親子の日常会話も英語でするくらいじゃないと意味がないです。

英語は、英語を話す目的があれば、だれでも話せるようになります。

日本人が英語を話せないのは、その目的がないからだけです。

それより、外国人だけでなく世界の色んな人とコミュニケーションをしたい、世界を旅したいというような好奇心を持ってほしいです。

まとめ

子供の教育は、難しいです。

習い事は、大切ですが、普段からの親の生き方が、子供に影響します。

手間のかかる仕事です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です