Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
起業する場合「創業補助金」の申請時期が迫っているようですよ。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

起業する場合「創業補助金」の申請時期が迫っているようですよ。

 個人で起業を考える場合、当然ながら、開業資金や当面の運転資金が必要になります。

特に、個人が起業する場合、活用できる公的な助成金制度があれば、使いたいと思うでしょう。

私も起業予定なので、ちょっと調べてみました。

スポンサードリンク

どういうわけか、いろんな公的な起業支援策が廃止されています。

例えば

「創業支援助成金」

雇用保険の給付を受けている人が自ら創業し、創業後1年以内に雇用保険の適用事業主となった場合に、創業費用の一部に対して支給される。

助成額は、創業後3か月以内に支払った費用の3分の1。

上限額は、200万円。

平成25年3月31日で廃止。

「子育て女性起業支援助成金」

子育て中(12歳以下の子供と同居)の女性が起業し、一年以内に雇用保険の適用事業主となった場合、起業費用の一部に対して助成される。

起業後3カ月以内に支払った費用の3分の1。

上限額200万円。 

平成20年3月31日で廃止。

もともと、支給要件のハードルも高かったと思われますが、こういう起業に対する支援は、必要なように思いますよね。

 「創業補助金」という制度については、27年度も実施予定です。

「創業補助金」とは、

新たに創業(第二創業を含む)を行う者に対して、その創業等に要する経費の一部を補助することで、新たな需要や雇用の創出等を促し、我が国経済を活性化させることを目的とします。
創業を行う個人、中小企業・小規模事業者などが、対象となり、認定支援機関である専門家または金融機関と一緒に事業計画書を作って申し込めば、補助金がもらえるという制度です。
補助率は、3分の2で、補助上限額は200万円。参考:中小企業庁 

27年度は一応予算化されているようです。

申請には、事業計画書を作る必要があるなど、時間と手間がかかるようですが、起業を考えている方は、一度検討してみてもいいかもしれません。

申し込みは、昨年と同様だと2月末からの募集のようです。詳細は、中小企業庁のHPなどで確認してみてください。

タイミングを逃すと受けられなくなります。

まとめ

少し調べただけですが、わかり難いですね。正直、積極的に国が、この制度を活用して、新しい起業を増やそうと考えているとは思えないですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です