Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
コンタクトのヘビーユーザーは必ず眼医者に行きましょう。40歳からの目の検診。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

コンタクトのヘビーユーザーは必ず眼医者に行きましょう。40歳からの目の検診。

 視力検査

先日、目にものもらいが出来たので、眼医者に行ってきました。

唐突に、白内障が始まっていると言われました。はあ?

少し視力が落ちたと思っていましたが、単に視力が落ちたのではないようです。かなりショックです。

スポンサードリンク

白内障とは何か。

・目の水晶体が濁って、物がかすんだり、ぼやけて見えたりする目の疾患

・進行の速さには、個人差があり、今のところ治療薬は開発されておらず、一旦発症すると元には戻らない。

・発症は45歳以上の中年に多く、年齢を重ねるにつれて増えていく。

・80歳以上の高齢者は、ほとんどが何らかの形で白内障の症状を引き起こしていると言われる。

・症状が進行して日常生活に支障が出てくれば、眼内レンズを挿入する手術をする。

・手術では、濁った水晶体を取り除いて、人工水晶体である眼内レンズを挿入する。

40歳前後でもなることがある。

かなりの近視なので、長年コンタクトを愛用しています。

中学生頃から始めたのでもう、30年近く経ちます。

私と同じような時期から始めて、今40歳前後のコンタクト愛好者は、とても多いと思います。

コンタクトレンズ第一世代です。

このあたりの年代から、白内障は始まるようです。

白内障の原因は、よくわかっていませんが、コンタクトも目にかなり負担をかけているのだそうです。

 40歳前後から目の老化は始まる。

これまで目のことを考えて、眼医者に併設されているコンタクトレンズ店でコンタクトを購入し、そこで定期的に目も見てもらってきました。

その方が目に良いと思ったからです。

小さい異常もそこで見つけてくれるのだと思っていました。

でもそんなことは言われたことがありません。

今回見てもらったのは、そことは違う眼医者です。

そこの医者から、江戸時代では、40歳と言えば、りっぱな初老だとわけのわからない慰めの言葉をもらいました。

それだけ、気が付かないだけで、40歳ころから老化は進むということです。

特に、今はパソコン、スマホなど目を酷使するものが増えています。

40歳になったら、眼医者で目を見てもらいましょう。

40歳になったら、コンタクト併設の眼医者で定期的に見てもらっているという人も、そこではない別の眼医者で一度見てもらうことをおすすめします。

コンタクトをもらう時にちょこっと見るあれで安心してはいけません。

目に悪い生活習慣を見直す。

目は、自覚症状がない場合も多いので、自分で気を付ける必要があります。

目薬をすることはあっても、普段から気を使っている人は、あまり使多くないと思います。

私もそうでした。

でも、今は、江戸時代以上に目に悪い生活をしています。

気づいたときには、突然、私のように宣告されます。

パソコンやスマホを見過ぎない、正しいコンタクトのケアをする、目に良いものを食べるようにするなど目に悪い習慣を見直すことが大切です。

私も、これ以上悪くならないように、いろいろ目に良いことを研究したいと思います。

まとめ

白内障に手術の方法をイラストを見ると怖くなります。

ただ今は、眼内レンズの手術は、レーシックより歴史も長く、安全のようです。ちょっと安心しています。

さらに手術をすると、長年のコンタクトやメガネのわずらわしさから解放されて世界が変わるらしいです。

悪くないのかもしれません。

以上、コンタクトのヘビーユーザーは必ず眼医者に行きましょう。40歳からの目の検診。でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です