Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
お店のブログに書く内容は、たった5つだけでいい。人気ショップになるために必要なこと。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

お店のブログに書く内容は、たった5つだけでいい。人気ショップになるために必要なこと。

アンティーク

愛想はないけど美味しい定食屋が好きな鯛次郎です。

今は、どのお店でもブログでお店の情報を発信します。

でも、行って良かったと思う店でも、お店のブログが面白くないと、店の評価まで下がってしまうのが恐ろしいところです。

良かれと思って書いているのに逆効果です。

お店のブログは、本来、お客さんの顧客化につながるものです。

ブログに書くべき5つの事をまとめました。

スポンサードリンク

①発信している自分のことを書く。

 どうしても、お店で売りたい商品やサービスの事を書いてしまいます。

でも、どんなにその商品やサービスが、すばらしくても、それだけ紹介しただけでは、ふーんで終わります。

お客さんは、それを扱う人のことを知りたいのです。

どんな食べ物が好きで、どんな服が好きで、どんなことが趣味なのか・・。

語られることが多いほど、それを見た人は、どこかに共感します。

印象に残ります。

そして、それを誰かに話します。

人の情報は、商品の情報より面白いのです。

自分自身のことを、発信しましょう。

②お客さんの生の声を書く。

毎日お客さんと接していれば、必ずお客さんから生の声をもらいます。 

あなたも何か買う時は、お店の人の言葉より、それを買った人の声に、信頼感を感じませんか。

人は、実際に買った人の生の声を知りたいのです。

なので、ブログでも、お客さんから受けた生の声をどんどん載せましょう。

お店の信頼度が上がります。

③お店がある周辺のことを書く。

 そのお店に来てくれるお客さんは、そのお店の周辺の地域、エリアにも興味があります。

お店の帰りに行きたいカフェやランチの情報など、そのお店のことだけでなく、お店に行った時に役立つ、お店周辺の情報も書きましょう。

その情報がきっかけで、久々の来店があるかもしれません。

④お店の生の活動を書く。

 自分が好きな商品は、どんなところで仕入れているのか。

そのサービスを提供するには、日々どんなことをしているのか。

お客さんは、そこに興味があります。

お店は生きものです。

お店の生の日常そのものが、素晴らしいソフトです。

お店が買い付けている場所のこと、それを買い付けた理由、研修に行った内容など、お店の生の活動を書きましょう。

 お店に来るお客さんに役立つことを書く。

 お客さんは、何か目的があって、そのお店に来ます。

カッコよく服を着たい、もう少しやせたい、美味しいものを食べたいなど・・。

その人が、そのお店に来る目的に対して、役に立つ情報を書きましょう。

誰かのプレゼントのために、来てくれるお客さんがいるなら、その選び方やマナーなどの情報を。

肩がこる人が多く来るマッサージ店なら、仕事中でもできて、楽になる方法を書きましょう。

それが役に立てば、信頼につながって来店につながります。

以上、お店のブログに書く内容は、たった5つの内容だけでいい。でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です