Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
iPhoneにカメラレンズキットを付けて春を撮ってみた。簡単にマクロの写真を撮る方法。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

iPhoneにカメラレンズキットを付けて春を撮ってみた。簡単にマクロの写真を撮る方法。

  レンズキット

iPhoneカメラは優秀です。

カメラが売れないのもわかります。

でも、できないこともあります。

遠くのズームと近くのアップ

それが、クリップで挟むだけで、近くのアップがクリアに撮れるというカメラレンズキットを買ってみました。

安くて、簡単にiPhoneカメラがバージョンアップする「iPhone・スマホカメラレンズキット」を使ってみたので紹介します。

スポンサードリンク

クリップで挟むだけでiPhoneカメラが凄くなる。

カメラレンズクット

アマゾンで3.240円でしたが、チープ感がなく、男心をくすぐるパッケージです。

iPhoneやスマホにクリップで簡単につけて使えます。

カメラレンズは、3種類入ってます。

クリップで挟むだけで、

左が近くのアップを撮るマクロレンズ

被写体に10mmまで近づいて撮影できるレンズです。

花の雄しべや虫のアップなどアイディア次第で面白い写真ができそうです。

子供と一緒に撮れば喜びそうです。

右が、ワイドレンズです。

普通は、切れてしまう端の部分が切れずに景色が大きく撮影できるようです。

ワイドで撮るときは、二つのレンズを重ねて使います。

カメラレンズキット

180°魚眼レンズ

魚の目で見たような面白い写真が撮れます。

レンズキット

それをマネークリップのように挟み込みます。

簡単です。

さっそく春をアップで撮ってみました。

花

空き地に咲いている小さな花です。

普段は小さくて見過ごしている花もきれいに撮れます。

花

たんぽぽの胞子です。

鮮明です。

花

産毛のようなところまで撮れました。

花 

 携帯で撮った写真に見えません。

小さいので、カバンなどに入れておいて、アイディアがひらめいたときに取り出して使えば、ちょっとプロっぽい写真がスマホで出来上がりです。

アンパンマン

ちなみに魚眼レンズで撮るとこんな感じです。

中心が浮き出たような面白写真になります。

これも、どう使うねんって話ですけど、いつもと違う写真にはなります。

価格も手ごろなので、楽しめますよ。

以上、スマホに付けるカメラキットの感想でした。

追記

普段は、道に咲いている小さな花とか見もしませんでしたけど、道には、結構気が付かない小さな花が咲いているもんですね。

マクロレンズで撮って見て初めて気づきました。

こんな花に気付く余裕をもって生きたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です