ジェットスターが大阪(関空空港)~香港便を開始するので、ピーチと比べてみた。

 国際線

 関西国際空港から香港へは、現在ピーチ・キャセイパシフィック航空・エア・インディア・香港エクスプレス・全日空などが運航しています。

2015年2月28日からジェットスターが運航を開始します。

スポンサードリンク

ジェットスターが大阪(関空)~香港便の運航を開始する。

関西空港の格安航空会社がちょっと熱いです。

ジェットスター・ジャパン株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役社長:鈴木みゆき)は、本日2月28日(土)から、ジェットスター・ジャパンとして初の国際線となる大阪(関西)=香港線を週3便で運航を開始しました。

今関西は、円安の影響もあるのかアジアからの観光客であふれかえっています。

観光客が必ず行く心斎橋の商店街の半分は、アジアからの観光客です。

このアジアからの観光客の入口になっているのが、24時間運航できる関西空港です。

このマーケットに、ジェットスター航空も参入してきました。

ちょっと前まで大丈夫かと言われていた関西空港が格安航空会社の成功で熱いです。

関空から香港までの料金をジェットスターとピーチで比較してみた。

2915年3月27日(金)に出発し、28日(日)に返ってくるという強行日程で比較してみました。

ピーチ

2015年3月27日(金)8:25関空 11:45香港  11,180円

2015年3月29日(日)12:30香港 17:15関空  24,180円   合計35,360円

ジェットスター

2015年3月27日(金)8:35関空発 11:50香港 7,490円 
          

2015年3月27日(日)21:25香港 2:05関空 25,090円     計32,580円

金額的には、どちらもあまり変わらなさそうです。

どちらも往復3万ちょっとで行けてしまいます。

帰りも平日ならもっと安いでしょう。

ジェットスターの帰りが、深夜になるところが、24時間空港の関空らしいです。

金額は、日程や時間で大きく左右されるので、あくまで目安ですが、他の航空会社より圧倒的に安いのは間違いです。

ジェットスターのHPでは、大阪→香港が5,990円~になっているので、日程によっては、もっと安くなるはずです。

いずれにせよ今の関西に来るアジアからの観光客の勢いを見ていると、まだまだ関西空港に格安航空会社の運航が増える余地はありそうです。

まとめ

LCCを利用すると、海外旅行もびっくりするくらい手軽になりました。

アジアなら国内に行くような感覚です。

賢く利用すると激安で行けそうです。

行くぞ、香港。

以上、ジェットスターが大阪(関空空港)~香港便を開始するので、ピーチと比べてみた。でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です