大阪マラソン4回連続落選者の私がランナーとして参加する方法。

大阪マラソン 

2015年の大阪マラソンの一般ランナーの募集が、4月6日から始まっています。

大阪マラソンは今回で5回目になります。

4月7日現在で、一般ランナーのエントリー数が、定員30000人を超え、抽選になることが決定しました。

当然ですが、また抽選です。

1回目からずっと応募していますが、ずっと落選です。

今回落選すると5回連続になります。

大阪マラソンは、一般ランナーで参加する以外に、チャリティランナーで参加する方法があります。

4回連続落選の私が、大阪マラソンにランナーとして参加する方法をまとめました。

スポンサードリンク

 チャリティランナーとは何か?

寄付を呼び掛けて、走るランナーのことを言います。

大阪マラソンのチャリティ活動への理解を深め、支援の輪を広げていくことを目的に出場していただくのがチャリティランナーです。チャリティランナーは、ご自身からの寄付に加え、家族や友人等のほか、フェイスブックやツイッターなどを使って、寄付先団体への寄付を広く呼びかけて目標金額70,000円以上を達成していただきます。

募集予定人数は、先着順で、350人となっています。

先着順です!!

チャリティランナーとして走る方法

走る

まずHPにある支援したい寄付先団体を決めて、申込みます。

そして9月30日(水)までのチャレンジ期間に、目標金額金額の70,000円以上の寄付を集めます。

その間、本人の寄付に加えて、最低寄付金70,000円を集めれば、チャリティランナーとして、貴重な第5回の出場権を得ることが出来ます。

もし70,000円が集まらなかった場合は、不足分がクレジットカードから引き落としになります。

つまり、エントリーした本人が寄付します。

あくまでも、大阪マラソンのチャリティー活動の趣旨に賛同した上での参加方法ですが、抽選によらず、確実に大阪マラソンを走れる方法です。

一般ランナーのエントリー申込は、5月8日(金)までですが、チャリティーランナーの申込は、7月31日(金)まであります。

例年7月31日より前に当選発表があるので、もし、一般ランナーの抽選に落ちて、それでもどうしても走りたい場合は、7月31日(金)までにチャリティーランナーの募集枠が残っていれば、エントリーすることも可能です。

今年も出場権を得るには、高い倍率になりそうです。

チャリティランナーという選択も考えてもいいかもしれませんね。

詳しくは、大阪マラソンHPで確認してみてください。

 連続落選者枠というのがあるらしい?

ビックリ

こんなものもあるんですね。

今回申し込んだ人のうち、第3回、第4回大会へインターネットで、個人エントリーして、2大会連続して落選した人1,000人を優先的に抽選する処置のようです。

特別な手続きは要らないみたいです。

私は、この該当者なので、ちょっとは期待しています。

まとめ

一般エントリーでも、40キロちょっと走るのに、参加費10,800円掛かります。

すごくないですか。

10,800円払いたいのに、払わせてくれない大阪マラソン。

今年は何とかしてくれー。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です