「プレミアム商品券」のメリットとデメリットを考える。買うべきか買わざるべきか?

プレミアム商品券

「大阪市プレミアム商品券」の申込み書類が郵送で届いてました。

プレミアム商品券?

何のことか全くわからなかったので、ちょっと調べてみました。

どうも地方の経済支援対策として、国が昨年末にぶち上げて話題になっていた「地方創生交付金」が、「プレミアム商品券」と言う形で、地方におりてきたもののようです。

スポンサードリンク

「大阪市プレミアム商品券」の場合

・愛称    ・・・大阪市内で買いま商品券
・構成    ・・・1冊につき12,000円分
          を10,000円で販売。
・発行冊数  ・・・約109万冊
・発行総額  ・・・約130億2千万円
・対象者   ・・・大阪市内に在住の方
・購入限度冊数・・・1人あたり最大4冊まで。
          子育て世帯は優先購入権あり
・販売方法  ・・・予約販売のみ。
・利用可能店舗・・・大阪市内の商店街、スーパー、百貨店、
          家電量販店などの登録店舗
参考:http://www.p-shouhinken.com/osaka/index.html

12,000円の商品券を10,000円で買うので、2,000円お得です。

大阪市の人口は今、約270万人なので、単純にすべての大阪市民が1冊づつ申し込んでしまうと、発行冊数が109万冊なので、161万人の人には、この商品券が行きわたらない計算になります。

もちろん全員が申し込むわけではないので、こんなことには、ならないんでしょうけど、申込みが殺到すれば、抽選になって、買いたくても買えない人が出て来るかもしれません。

お得になる2,000円分の約21億7千万円は、国からの「地方創生交付金」から出ます。

つまり私たちの税金です。

国全体では、2500億円の予算が付いています。

「大阪市プレミアム商品券」のメリット・デメリット

仮に1人4冊買うと、40,000円で8,000円のお得です。

子育て世代は、さらに、1世帯につき、追加で2冊買えます。

4人家族の子育て世代なら、最大18枚買えるので、180,000円払って36,000円お得です。

お得かもしれませんけど、お金も掛かります。

デメリットもあって、使えるお店と期間が決まっています。

大手百貨店やスーパーなどでは、使えるようですけど、コンビニや飲食店、その他サービス店では、使えるお店が限られ、

 利用期間も、平成27年7月31日(金)~平成27年11月30日(月)までと決まっています。

自分たちの税金で実施されることなので、利用しないと損した気持ちになりそうですけど、「使うお店」と「使う金額」をきちんと計算しておかないと、結局余計なものまで買ってしまいます。

要は、これを何に使うかですね。

まとめ

どうも単純にお得だと喜べないのは、なぜなんでしょう。

おそらく消費者としては、一定のメリットを感じるけれど、納税者としては、その使い方どうなの?と思ってしまうからでしょうか。

これで地方の経済が良くなるとは思えませんし・・。

以上、「プレミアム商品券」のメリットとデメリットを考える。買うべきか買わざるべきか?でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です