Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
風邪の予防には、マスクをするより首の後ろを冷やさないのがいいらしい。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

風邪の予防には、マスクをするより首の後ろを冷やさないのがいいらしい。

マスク

インフルエンザが流行ってますね。息子の幼稚園でも、学級閉鎖のクラスがあるみたいです。

ほんといつも風邪を引いてから後悔します。

それでも風邪でもないのにマスクをするのは、あまり好きではありません。

風邪予防で、こんなにマスクをするのは、日本だけらしいですね。

スポンサードリンク

首の後ろを冷やさないのが、一番らしい。

近所の漢方薬の先生が、興味深いことを教えてくれました。

風邪の予防には、首の後ろを冷やさないのが一番なんだそうです。

その先生によると、マスクよりよっぽど効果があるそうです。

風邪予防には、これまでマスクが一番だと思ってきたので意外な言葉でした。

風邪で医者に行ってもそんなことは聞いたことがありません。

東洋医学では首の後ろのツボが大事

東洋医学的には、首の後ろから邪気が入るという考え方があるそうです。

正確には、首の後ろから背中の肩甲骨の間あたりのことを風門と言い、そこにツボにあり、そこから風邪の邪気が入ってくるということのようです。

外出するときは、マフラーをするなどして、そこを見せないようにして、冷やさない。

さらに予防したい場合は、カイロなどを張って温めるとさらに効果的だそうです。

うちの子供は、マフラーをいやがってしません。

たぶんカイロも嫌がります。どうすればいいんでしょう。

まとめ

 確かに、寒い時は、風を通さないダウンを着て、首に暖かいマフラーをして、手袋さえしていれば、だいたい乗りきれます。

なので、首の後ろを暖めるというのも意味があるのかもしれません。

風邪を引きやすい人は試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です