パティスリー・サダハル・アオキ・パリのチョコレートを買いたい人は、ネットからも購入できますよ。

チョコレート

きのう、たまたま行ったあべのハルカスのバレンタイ売場で、いろんなチョコレートを試食させて頂きました。

「あべのハルカスのバレンタイン売場で最新のチョコレートを見てきたので紹介します。」

その話を嫁にすると、何で私が行ってないのに、男のあなたが行く必要があるのよ的な話の展開になり、不本意ながら2日連続チョコレート売場に行くことになりました。

自分的には、もうたっぷり堪能させてもらったんですけど、奥さんの意向には逆らえません。

下の3歳の子の暴走を止めるのが私の役目です。

スポンサードリンク

昨日、バレンタインデーは、女性→男性から男性→女性に変えた方が良いと言いましたが、撤回します。

女性の方が、男性より甘いものが数倍好きです。

今は、女性の方が強いので、男性→女性の方がしっくりきますが、かわいいチョコレート売場に、むさくるしい男性が群がるのは、ビジュアル的に絶対NGです。

今日で、確信に変わりました。

チョコレートには、やっぱり女性の方が似合います。

市場的にもその方が盛り上がります。

パティスリー・サダハル・アオキ・パリの素晴らしいチョコレートは、HPのネットショップから購入可能です。

サダハル・アオキ

1968年東京都生まれ。青山「シャンドン」を経て、91年に単身渡仏。パリ「ジャン・ミエ」、「レストラン メディテラネ」、スイス「レストラン ジェラルデ」でキャリアを重ねる。96年、フランスのシャルルプルースト杯味覚部門で優勝。98年、パリにアトリエ開設。パリ市内のサロン・ド・テやレストラン、ホテルなどにプティ・フールやアントルメを中心としたお菓子を提供、さらにパリコレクションでは数々の一流グランメゾンにお菓子を提供し、大きな話題に。2001年パリ6区サンジェルマンに念願の店舗「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」を開店。。11年、フランス最優秀パティシエ受賞、農林水産省料理マスター受賞、サロンドショコラアワード受賞、パリ市長賞受賞。フランストップ5ショコラティエに選出される。14年、パリにて4年連続ショコラの5つ星獲得。「LES INCONTOURNABLES」を受賞。現在、世界で最も注目される日本人パティシエの一人。

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ

販売価格:4,860(税込)

参考:http://www.sadaharuaoki.co.jp/

昨日見た中で、これまで見たことがなく感動してしまったのは、このチョコレートです。

こんなチョコレートは見たことがありません。

このボンボンチョコラというチョコレートは、女性の化粧パレットをイメージした商品だそうです。

パティスリー・サダハル・アオキ・パリサダハル・アオキ・パリ

ピンクは、いちごです。

パティスリー・サダハル・アオキ・パリサダハル・アオキ・パリ

日本のゆずです。

パティスリー・サダハル・アオキ・パリサダハル・アオキ・パリ

なんとチョコレートにわさびです。

パティスリー・サダハル・アオキ・パリサダハル・アオキ・パリ

この青は、ブルーベリーの青だそうです。

食べてみたいです。

パティスリー・サダハル・アオキ・パリのチョコレートは、東京、名古屋、福岡のショップでも購入できますが、ネットショップでも買うことが可能です。

売場の人に聞くと、日本にショップがあるそうです。

そこで購入できない人も、ネットショップがあるのでここでも購入可能です。

HPを見ると、マカロンやケーキ、焼き菓子まで購入可能です。

知らない人は、一度HPを見てみてください。

 http://www.sadaharuaoki.co.jp/

まとめ

サダハル・アオキさんは、元TBSアナウンサーの雨宮塔子さんの旦那さんだった人です。

だったというのは、最近離婚されたそうです。

雨宮さんが結婚した時に、確かパリのパティスリーというのは記憶にありましたが、この方でした。

でも、実績にもあるように、パリでは、とんでもない有名な方のようです。

一度頼んでみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です