Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
中古iPhone5cを買って格安SIMで携帯代を節約する方法。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

中古iPhone5cを買って格安SIMで携帯代を節約する方法。

 格安SIM

これまでなかかな踏み切れなかった携帯代に手を付けました。

契約更新時期はもう少し先ですが、熱が熱い時にやってしまわないと時期を逃します。

それほど携帯代は、腹立たしく高いのです。

これまで、家計費に占める割合が大きい家賃や保険、新聞、など無駄なものの見直しをしてきました。

ただ、携帯代だけがどうも手を付けられずにいました。

初めて格安SIMに変更したので、その方法とどれくらい節約になるのか?をまとめました。

スポンサードリンク

我家が格安SIMに変更する理由

我家は、夫婦ともにiPhoneを使っています。

携帯代は、2人で1万6千円前後です。

ちょっと高すぎです。

でも普通にiPhoneを使っているとこんなもんです。

根本的に安くするなら格安SIMというやつを導入するしかありません。

今のソフトバンクの契約を見直してもたかが知れてます。

iPhoneはそのままで、格安SIMカードを使って携帯代を安くする。

iPhone

最近は、通話もメールやLINEで済ませるので、通話もたいして必要ありません。

データ通信にしても、これまでソフトバンクの使い放の契約のためか、必要以上に使っていた感じです。

必要なら家のネット回線で使っているWiMAXの端末を外に持ち出せば、無料WiFi環境が完成します。

PCもタブレットも外出先で快適ネット!速度制限ナシは、WiMAXだけ。【WiMAX2+新端末登場!】

多分不都合も出て来るでしょうが、毎月6,000円程度の節約はできそうです。

端末は、iPhoneをもう少し使いたいので、iPhoneで格安SIMの組み合わせにします。

夫婦2人とも格安SIMにする予定ですが、嫁さんは、キャリアメールの変更に手間取っているので、後回しにします。

急がせると怒られそうなので。

ただ、今のソフトバンクのiPhone5Sでは、格安SIMカードが使えません。

いろいろ検討をして日本橋に店もあるイオシス というお店で、40,000円するドコモの中古iPhone5cを買いました。

これに格安SIMカードを差して込んで使います。

キャリアメールをGmailに変更する。

 

まず始めのハードルがこれです。

私もこれまで何も考えずに、どこかの会員メール登録などにキャリアメールを使ってきました。

格安SIMにするとこれが使えなくなります。

なので、これらの登録をGmailなどのフリーメールに変更する必要があります。

これめんどくさいです。

でもこれをしないと次に進めません。

今後のことも考えると、もうキャリアメールの利用はやめた方がいいかもしれませんね。

特に困ることもないですし。

契約する格安SIMを決める。

 iPhone5c

これがいろいろあって迷うのです。

今回は初めてなので、安さだけで決めるのではなく、間違いなさそうなサービスを選びました。

これまでのような2年縛りの契約ではないので、使ってみて良くなければ、別のに変えればいいかというくらいの軽い気持ちです。

選ぶ基準は、4つです。

①電話も使うのでMVOで電話番号を引き継ぐ。

②安く抑えるためスマートフォンは、中古のiPhoneを購入する。

②データ通信が2Gか3Gを選ぶ。

③初めてなので、わかりやすく、間違いがないサービスにする。

いくつかの格安SIMを検討してみて、@niftyのSIM 「NifMo」にしてみました。

データ通信プランは、3GBプランが900円+音声通話対応700円で月額1,600円で安いです。

@niftyは利用したことがあるので安心感もあります。

HPの説明も初心者にわかりやすく書かれていてよかったです。

格安SIMは、外出時のデータ通信の節約が、うまく使うポイントですが、NifMoは、専用アプリ「NifMo コネクト」でWifi接続を自動で切り替えてくれます。

外で本格的に使う場合は、家のWIMAXの端末を持ち出せば費用は掛かりません。

【WiMAX2+新端末登場!】モバイルネットの最強へ。

良さそうです。

@niftyの音声通話SIM

音声通話プラン2GBが1,800円BIGLOBE の音声通話SIMも良かったんですが、3GBに増量されるのが、4月17日からでした。

料金はそのままなので、そうなればニフティとほぼ同じ料金になります。

BIGLOBE の音声通話SIM

安さだけで言うとDMM mobile 通話SIMプランが3GBで1,550円です。

全プラン業界最安値が売りのDMNモバイルですが、今回は、見送りました。

もう少し格安SIMの扱いに慣れれば安さ重視のここを選びます。

DMM mobile 通話SIMプラン 3GB

中古のiPhone5cを購入する。

 iPhone5c

格安SIMの会社が決まったら、そこのSIMカードに対応する携帯電話を用意します。

今使っているソフトバンクのiPhone5Sが使えれば良いわけですが、使えません。

ソフトバンクでもSIM解除なる方法があって、ネットで解除アダプターを買って、SIMフリー化できれば、SIMカードが使える場合があるようです。

でも確証はないようです。

今回は見送りました。

なので、ドコモの中古iPhoneを買うことにしました。

安い機種でいいのでiPhone5cで十分です。

ただ中古iPhoneは、どこで買えばいいのか?

これにまた悩みます。

ヤフオクも考えましたが、中古はちょっとリスクがありそうです。

いくつか探しましたが、どこもけっこう品薄です。

結局大阪日本橋に店もあるイオシス でiPhone5cのピンクを40,000円で買いました。

別にピンクが欲しかったわけじゃないですが、これが一番安かったので。

中古でもドコモのiPhone高いです。

ソフトバンクの解約手続きと「NifMo」の申込み

 格安SIM

イオシスから中古iPhone5cが届いたらソフトバンクの解約手続きをします。

ソフトバンクで番号移設のMNP予約番号をもらいます。

NifMoの申込みでは、このMNP予約番号が必要になります。

免許書などをアップロードして、NifMoの手続きが完了すれば、メールで案内があり、その時から電話番号は使えなくなります。

 手続き完了の翌日には、SIMカードが届きました。

マニュアルのとおりSIMカードを差し込み、APNの設定をすれば完了です。

思ったより簡単でした。

結局どれくらい安くなるのか?

 笑顔

今回は、契約更新時期でないので、解除料と割賦残で合計16,700円掛かります。

契約解除料10,260円

MNP転出手数料2,160円

割賦支払残2か月 4,280円

更新時期まで待てば、解約費用は、MNP転出手数料の2,160円だけで済みますが、思ってしまうとやらないと気持ち悪くなるタイプなので良しとします。

イオシス で買った中古iPhone5cは40,800円です。

合計57,500円です。

今の携帯代が9,000円前後なので、@niftyのSIM 基本料1,600円に電話を少し使って3,000円だとしても月6,000円が節約できるので、今のiPhoneを買い取ってもらうと、9か月ほどで回収できます。

毎月のランニングが6,000円ほど軽くなり、解約料を払っても9か月で回収出来ればすごいものです。

今回は、@niftyのSIM でiPhoneを使っての節約でしたが、iPhoneにこだわらず、更新時期に変更をすれば、もっと賢く節約できるでしょう。

キャリア2年縛りからも解放されてスッキリです。

うまくいったら次は嫁の分です。

 まとめ

格安SIMってLCCみたいです。 

手軽で、安いけれど、座席は狭いみたいな。

多分どこか安い分不都合もあるでしょう。

でも慣れるでしょう。

毎月6,000円で、年間72,000円の節約です。

やってみる価値ありです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です