Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
シャープ赤字転落の理由。「お茶プレッソ」を作る技術がもったいない件。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

シャープ赤字転落の理由。「お茶プレッソ」を作る技術がもったいない件。

 日本銀行

シャープの製品を愛用している鯛次郎です。

エアコン、テレビ、ドラム式洗濯機がそうです。

どのこ家にも何かひとつはありますよね。

そのシャープの経営がかなり厳しいようです。

シャープは、主力の液晶事業の不振などで、2015年3月期の連結決算が、2,000億円を超える大幅な赤字に転落。
生き残りを懸け、3,500人規模のリストラなどを含む、経営再建策を発表した。

資本金も、5億に減資し、大阪にある本社も売却するようです。

Yahooでシャープって入力すると検索窓に「シャープ 倒産」とまで出てきます。

数少ない大阪を代表する企業なんで、頑張ってほしいです。

スポンサードリンク

「ヘルシオお茶プレッソ」の技術がもったいなすぎる。 

あらためてシャープの商品を見てみると、それはもうシャープが作らなくて良いでしょ。と言う商品が並んでいます。

冷蔵庫、洗濯機、扇風機、掃除機、電話機、ファクシミリ・・・。

液晶テレビもそうです。

その中に「ヘルシオお茶プレッソ」って言う商品があります。

SHARP HEALSIO お茶PRESSO ホワイト系 TE-GS10A-W

エスプレッソマシーンのように見えますが、お茶を作る機械です。

普通の給茶機ではなく、茶道の「挽く・沸かす・たてる」の工程を機械で再現しています。

抹茶を作る時は、茶葉を「石臼」で挽きますが、それと同じように「臼」で挽いたように茶葉を粉末にできます。

さらに、茶道でよく見る茶筅で、お茶をたてる作法を再現し、まろやかなお茶が作れるのだそうです。

うーん。

どうなんでしょう。

シャープが経営不振になっている理由

ニューヨーク

茶道の先生がたててくれたようなお茶が毎日飲めるって素敵!

画期的な「お茶プレッソ」マシーン最高!飲みたい!って。

いやいらんでしょ、これ。

いやあってもいいんですけど、シャープが作らなくても良いでしょ。

マーケットが狭すぎです。

日本だけ、それもお茶を飲む世代だけ。

茶道のあの技術を再現した技術力は凄いんでしょうけど、それ世界では売れません。

シャープが素晴らしい技術力がありながら、経営不振に陥っているのは、こんなところにも原因がありますね。

もったいない。

その凄い技術をもっとマーケットが広い世界で使ってほしいです。

「お茶プレッソ」を作る技術があるなら、「エスプレッソマシーン」を作ってください。

大阪の企業がどんどん東京に本社を移していく中、大阪で頑張っているシャープがなくなるのは悲しいです。

また大阪の税収が減るじゃないですか。

以上、がんばれシャープ、「お茶プレッソ」はいらないから世界マーケットで売れる商品を作ってよ。でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です