Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
シシド・カフカって誰?R40世代が聞きたいセッション・アルバム「K5(Kの累乗)」
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

シシド・カフカって誰?R40世代が聞きたいセッション・アルバム「K5(Kの累乗)」

ドライブ

 シシド・カフカのセッション・ミニアルバム「K5(Kの累乗)が6月17日に発売されます。

このアルバムに参加するメンバーは、

斉藤和義・KenKen(RIZE)・甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)・YO-KING(真心ブラザーズ)・渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)といったR40世代には、おなじみのロックミュージシャンです。

このラインナップに、わくわくするのは私だけではないはず。

ていうかこの渋いチョイスをするシシド・カフカって誰なんでしょうか。

スポンサードリンク

 YouTubeで「Don’t be love feat.斉藤和義」を聞く

【早期購入特典あり】K(Kの上に5)(Kの累乗)(スマホシール付き)

シシド・カフカとは、以前グリコのCMで「ぷりぷりぷりっつ」と叫びながらドラムを叩いていたあの子でした。

モデルのような顔立ちで、ドラムをたたきながら歌うスタイルで、今注目のミュージシャンです。

YouTubeでシシド・カフカの最新ミュージックビデオ「Don’t be love feat.斉藤和義」が公開されています。

この曲は、フジテレビのドラマ「医師たちの恋愛事情」の主題歌で、斉藤和義とのセッションになっています。

二人のからみが絶妙です。

「K5(Kの累乗)」に参加するR40世代興奮のロックミュージシャン

SHAKE(シェイク) Vol.1 (タツミムック)

参加アーティストのチョイスが渋いです。

斉藤和義、甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)、YO-KING(真心ブラザーズ)、渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)など、r40世代はちょっと興奮します。

こういうメンバーとセッションしなければ、興味がわかなかっであろうシシド・カフカ。

一度視聴してみてください。

このラインナップの楽曲は、カフカの公式サイトで随時視聴できるようです。

現在は、斉藤和義とのセッションが無料で視聴できます。

以上R40世代におすすめアルバム、シシド・カフカの「K5(Kの累乗)」の紹介でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です