Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
大相撲を救うモンゴル出身力士の割合を調べてみた。横綱は全員モンゴル人。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

大相撲を救うモンゴル出身力士の割合を調べてみた。横綱は全員モンゴル人。

鍋

相撲部屋で、相撲取りが作った「ちゃんこ鍋」を食べるのが夢の鯛次郎です。

近くの銭湯で、相撲中継を久々に見ました。

この日の最後の取り組みは、横綱 白鳳 VS 関脇 照ノ富士でした。

もちろん白鳳は知ってますけど、照ノ富士は知りません。

テレビで見る限り、結構お客さんも入ってます。

へぇー結構盛り上がってる・・・って、2人ともモンゴル人かい!

テロップがなければ、まったくわかりません。

顔だけ見ていると、日本人です。

知らない間に、今は、3横綱全員モンゴル人になっていました。

大相撲の幕内力士の出身地をちょっと調べてみました。

スポンサードリンク

 幕内力士の出身別内訳

幕内力士42人の内訳です。

東北エリア4人(青森3、秋田1)

関東エリア5人(茨城2、東京都3)

中部エリア1人(石川1)

近畿エリア4人(大阪2、兵庫1、奈良1)

中国エリア5(島根1、山口1、香川1、高知2)

海外17人(モンゴル10、ブラジル1、中国1、ロシア1、ジョージア2、ブルガリア1、エジプト1)

これを見ると、幕内力士の約3分の1は、海外出身の力士で、そのなかでもモンゴル出身力士が10人と断トツに多いです。

横綱も、東の横綱の白鵬と鶴竜、西の横綱の日馬富士は、モンゴル出身です。

つまり大相撲の頂点3人は、すべてがモンゴル人なわけです。

上位力士すべてが、モンゴル人になっても何の不思議もありません。

モンゴル人の力士が相撲人気を支えている事実。

最近まで、相撲協会が、顔の似ているモンゴル人をわざわざスカウトしているのだと勝手に思ってました。

裸であんなに辛い修行を耐えられる日本人がいないので・・・。

実際、知らないで見ていると、モンゴル人力士同士が戦っていても、まったくわかりません。

不思議なもので、顔が日本人と似ているおかげで、すんなり相撲に感情移入が出来ます。

これが、青い目をした外国人力士ばかりで、日本人の顔がそこにないと、こうはいかないでしょう。

相撲人気も間違いなく下がります。

今の相撲界が、何とか生き延びて来れているのは、日本人の顔に似ているモンゴル人のおかげだったのです。

ありがとうモンゴルの人!

以上、相撲界にとっては、モンゴル人が、日本人と顔が似ていて良かったね。でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です