Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
さんふらわーの「弾丸フェリー」で行く別府おススメ1日観光プラン。子供と二人旅後半。
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/okada2013/nikkan-r40.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

さんふらわーの「弾丸フェリー」で行く別府おススメ1日観光プラン。子供と二人旅後半。

 別府

さんふらわーの大阪⇔別府間を行く「弾丸フェリー」の旅の続きです。

前回は、「弾丸フェリー」の旅の前半を書きました。

さんふらわーの「弾丸フェリー」大阪ー別府を息子と初体験。おススメ別府の旅プラン。

今回は、「弾丸フェリー」の滞在先である別府のオススメ観光をリポートします。

弾丸フェリーは、早朝に別府港に到着し、その日の夜に別府港を出港します。

この間別府には、12時間程度の滞在時間だけです。

時間が限られる中、子供と二人、楽しく旅を楽しみたいものです。

別府は観光資源が豊富で、コンパクトな街です。

観光地らしく面白い場所がたくさんあります。

現地0泊船中2泊「弾丸フェリー」の旅行先にピッタリです。

スポンサードリンク

子供と二人旅にオススメの別府1日観光プラン

さんふらわー

今日の簡単なスケジュールです。

7:35 別府港到着

別府港からタクシーで「べっぷ地獄めぐり」入口

海地獄から竜巻地獄を見て回る。

別府駅行のバスに乗り「北浜バスセンター」駅下車

お昼 地元で有名な「とよ常」で上天丼

食事のあと「竹瓦温泉」で名物砂湯

別府名物「別府タワー」

別府タワーからきれいな砂浜で遊ぶ。

「別府交通センター」で土産物購入

18:00 別府港到着

18:30 乗船

19:35 別府港出航    

子供も楽しめる驚異のワンダーランド「べっぷ地獄めぐり」 

別府港に着いたら、さっそく行動です。

地獄めぐり

地獄8ヶ所を回ります。

まず8地獄共通チケットを買います。

大人2,100円、小学生900円です。

さんふらわーの半券を見せると10%OFFになるので、半券は捨てずに持っておきましょう。

他にもこの半券を見せると朝食と温泉がセットで1,000円になる特典があったり、かなりお得になるので、船の予約時にチェックしてみてください。

「地獄めぐり」は、定期観光バスなども出ていて、現地に行くまでどの程度の規模なのかピンときませんでしたが、子供でも十分歩いて回れます。

別府

ただ、8か所のうち、「血の池地獄」と「竜巻地獄」は少し離れているため、路線バスに乗ります。

温泉たまご温泉プリンはぜひ食べてください。

それでは駆け足で8地獄を紹介します。

別府

「海地獄」

きれいなブルーが特徴です。

ちょっと特別な場所に来た感じになります。

ここでしか食べられない「地獄蒸し焼きプリン」はぜひ食べましょう。

温泉たまごもぜひどうぞ。

5個売りですけど。

地獄めぐり

「鬼石坊主地獄」

熱の泥がボコボコと沸いています。

まさに地獄です。

地獄めぐり

「山地獄」

このあたりから少しづつコンセプトが壊れていきます。

ここには、なぜかカバやサル、ウサギなどの動物がいます。

別府

子供はカピパラに感動してましたが・・。

地獄めぐり

「かまど地獄」

かまどに放り込まれる地獄でしょうか。

鬼キャラ初登場です。

地獄めぐり

 「鬼地獄」

鬼キャラ がちょくちょく登場します。

ここは、なぜかワニがわんさかいます。

地獄めぐり

ワニ地獄ということでしょうね。

地獄=ワニ。

どうでしょう。

子供は大興奮です。

地獄めぐり

「白池地獄」 

青白い色の池です。

ここでは、人喰魚ピラニアに責められます。

地獄めぐり

もはや地獄というより川口探検隊の気分です。

地獄めぐり

ここからバスに15分くらい乗って残り2つの地獄を回ります。

地獄めぐり

「竜巻地獄」 

突如吹き上がる熱湯をみんなで鑑賞します。

熱湯は40分おきに吹き出します。

これだけです。

なので出たあとに着くと40分待つことになります。

竜巻っぽくはないです。

地獄めぐり

 「血の池地獄」

血のような赤い色をしています。

これで8つの地獄が終了です。

まさに地獄のテーマパークです。

バラエティ豊かなので、子供も飽きないで十分楽しめました。

これからお昼を食べるため、別府行きのバスに乗って「北浜バスセンター」まで行きます。

別府

地元でも有名な「とよ常」でお昼ごはんです。

場所は、「北浜バスセンター」からすぐです。

とよ常

お父さんはまずビール。

とよ常

こんな上天丼が730円です。

えびが新鮮でおいしいです。

ここは間違いないです。

お腹もいっぱいになったので、このあとは、お楽しみの砂湯です。

竹瓦温泉

有名な共同温泉の竹瓦温泉です。

昭和初期に建てられたという風情ある建物に感動します。

風呂だけならなんと100円です。

別府は、とにかく温泉の湧きでる量が多くて、こういう共同温泉が別府市内に100ヶ所以上あるそうです。

羨ましいですね。

ただし、シャンプーや石鹸などはありません。

ここ竹瓦温泉に来たら、砂湯に入ることをおススメします。

テレビで見たことはありますが、見るのとやるのは大違いです。

ちょっと衝撃です。

子供でも小学生なら大丈夫なようです。

うちの子もよく耐えました。

砂湯は1,030円です。

竹瓦温泉

受付を済ませ、呼ばれたら中に入ります。

ちょっとドキドキです。

竹瓦温泉

まずここで浴衣に着替えます。

ここは、砂湯から上がったあとシャワーで砂を流し、お湯でゆっくりする部屋です。

この先が砂湯になります。

温かい砂の上に寝ると体の上に砂を掛けてくれます。

そのままで15分です。

結構熱いし、重いです。

体のあらゆる場所から汗が噴き出てきます。

竹瓦温泉

普通の温泉も味があって良い感じです。

ずっと残してほしい温泉ですね。

でも、砂湯に入らないともったいないですよ。

別府タワー

 このあと有名な別府タワーに上り、

別府

海岸で遊び、そのまま別府港を目指して歩きます。

竹瓦温泉

途中の別府交通センターで土産を買います。

ここでも半券を見せれば10%OFFです。

広い店内には、大分の名産品がいっぱいです。

別府

別府港に着きました。

別府タワーからゆっくり海岸を歩いて1時間くらいです。

出航は19:35で、その1時間前から上船できます。

別府

出航です。

これで別府ともお別れです。

早朝から活動しているので、子供はベッドに入ったと同時に寝てしまいました。

別府滞在時間は、実質10時間程度ですが、地獄あり、砂湯あり、グルメありと十分に満喫できました。

子供も少し成長した感じがします。

以上、子供と二人旅にオススメのさんふらわー「弾丸フェリー」で行く別府おススメ1日観光プランのリポートでした。

子供と二人旅に行きたいお父さんの参考になればうれしいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です